浮気調査を実施する目的

浮気調査を必要としている皆さんへ「事前に必要なお話し」をここでは触れてみたいと思います。
パートナーに浮気の疑いがあり、浮気調査で真実を明らかにしたいと判断します。
浮気調査を実施して探偵からパートナーに浮気の事実が確認できたか調査報告がされます。
浮気調査を実施する目的が明確なご依頼者様は「調査結果に何が必要」であるか理解して浮気調査を実施しているものですが、「浮気調査の目的が明確に無い」ご依頼者様は「結果から自身がどのような行動が必要」となるのか理解していないと言えます。
このようなご依頼者様の多くは感情的な状況から浮気調査を依頼してしまい、「調査結果の想定が無い」ままに漠然と真実を受け止める状況となってしまうのです。
このような浮気調査の流れは好ましいとは言えません。何故なら、探偵の実施した浮気調査が根本的に必要であったか?ご依頼者に調査目的が存在しないことから判断できるのです。
探偵の看板を掲げて浮気調査のご相談を実施するならば最低でも「ご相談者の感情を含めた状況を把握」した上で浮気調査でどのような結果が存在するのか提示し浮気調査を実施することが最低限必要と言えるのです。このような流れを抜きにしてご依頼者様に「浮気調査を実施する明確な目的」が無い状況は避けるべきと言えるのです。

探偵に依頼して支払う調査費用

ご依頼者様の感情や置かれた立場を理解した上で「最適な調査を提案」する探偵は優秀と言えるでしょう。
長年の経験で培われたノウハウから判断した調査プランですので「ご依頼者が納得しない」ならば探偵にとっては仕方のないこととなります。これ以上は考えられない調査プランであっても、ご依頼者様が納得しない理由の大きな原因は「探偵が実施する調査に必要とされる費用」が考えられます。
抱えている問題は探偵の提案する調査で解決可能と理解していても「必要な費用が高額」であり安易な判断で実行できないと考える方が多いのです。このような理由から探偵による調査を断念する方は少なくありません。費やした費用がかえってくることなど殆どありませんから「トラブル解消に費やす費用」という認識が正しいのです。
稀に浮気調査を実施した費用全額を浮気相手から得る慰謝料から捻出する考えをお持ちになる人物もいらっしゃいますが「期待通りの慰謝料が支払われることは無い」が現実であり、都合よく物事が進行することは無いと考えるべきなのです。もう、お気付きとは思いますが「慰謝料目的の浮気調査」は多くの場合、期待外れとなるものなのです。
ですから探偵に支払う浮気調査の費用は「ご依頼者が負担」することが当然であり、慰謝料が浮気相手から支払われてから探偵に調査費用を支払うなどの発想は常識的には存在しないのです。

浮気調査の目的が離婚

浮気調査の目的が「離婚が前提」であったならば調査に必要とする費用も数百万が相応と判断できます。何故、高額な費用が必要となるかお答えしますと「ある程度の期間に複数回の不貞の証拠が必要」と判断されているからなのです。
当然ですが1,2日の浮気調査では複数回の不貞の証拠は得られませんから2週間から20日間の浮気調査は必要と判断するのです。
しかも、浮気相手と毎日のように行動を共にする状況は考えにくい案件が多く、曜日や時間帯を限定して長期間にわたり実施することが証拠としても望ましいと考えられているのです。依頼者は離婚が前提であっても浮気をしているパートナーは離婚に同意しない可能性もあり、「浮気は反省しやり直したい」などの主張をしてくる可能性も考えられるのです。
たった一度の浮気の証拠では「不貞行為であり有責配偶者」であっても関係修復の余地を考慮されることが考えられるのです。そもそも、調停や離婚裁判は「ご夫婦がやり直しができないか?再確認することからスタート」する場所ですので、夫婦関係の修復が可能と判断される「たった一度の浮気の証拠による離婚請求」は少々無理があると言えるのです。そして、離婚請求が棄却されるケースも存在するのです。

弁護士・探偵に将来的に想定される判断を相談する

上記のような流れを理解し、探偵による浮気調査を実施することはメリットが存在することでしょう。そして、自身の状況を的確に把握し「自身のケースでは将来的に何が必要であるか?」を再確認するために弁護士・探偵等に相談する流れが無駄のない的確な判断と考えられるのです。ご相談者を深く理解し密な相談を実施する弁護士や探偵ならばあなたの将来に有意義な方向性を提示してくれると言えるのです。